人妻のエッチな体験談と告白

人妻や熟女のエッチな体験談や告白を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他にもエッチな体験談や告白を探すなら→FC2ブログランキング(官能小説)
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

風俗で働いて返しなさい!ホスト遊びで借金をした妻を懲らしめてやりましたw

私の妻は誰もが認める美人でスタイルも良く、同僚から羨まれるほどです。
私の方はというと、冴えないサラリーマン。
何故、結婚に至ったかというと私の一目惚れで、一流企業に勤めていることを武器に何とか結婚まで持ち込みました。

そんな経緯なので結婚生活の方は妻が
「結婚してやった」
との高飛車な態度がありありで、見下されたものが続いています。

3か月ほど前、見慣れない番号から携帯に電話がありました。
○○金融と名乗り、妻が借りた金を返さないという内容で、これから事務所に呼び今後どうするかを話し合うので、私も来て事実を確認して欲しいとのことでした。

会社を早退し指定された事務所に行きました。
てっきり金融会社と私達二人が話をするものと思いましたが、案内された場所は若い男が一人いて机と椅子だけがある部屋で、その机の前に座らされました。

机の上に小型のテレビがあり、その画像に妻がソファーに座り向かいに小柄で専務と呼ばれる男と大柄で部長とよばれる男が座っているのを映していました。
若い男が映し出された場所は隣の事務所だと話してくれました。

画面に見入りました。
会話の内容は貸した金の金利分を今日払えというもので、妻は持ち合わせが無く払うことが出来ない。
そのやり取りがしばらく続きました。

専務が
「風俗で働いて返しなさい。他の方法ないでしょう」
部長も
「奥さん 綺麗でスタイル良いから沢山稼げるよ。そうしたら直に返せるから良いところ紹介するよ、そうしな」
と、妻は二人に散々説得され最後は首を縦に振りました。

すると私の横にいた若い男が
「これでよろしいですね。それともご主人が払いますか?決めてください」
と尋ねてきました。
私は
「もう少し待ってください、考えているところです」
と答え、画面を見続けました。

専務が妻の横に座り、肩を抱き
「風俗で働いたことないんだろ、教えてあげるよ」
と言い、手を胸に当て軽く揉みました。
「やめてください」
妻は抵抗しましたが、
「人が親切に教えてやると言っているのに素直にしろ!」
怒鳴りつけられ、それからはされるがままになってしまい、そのうちに部長も加わり、
妻は身に着けているものを全て脱がされました。

隣の若い男が
「続けますが良いですね?止めるためにはお支払いが必要です」
と尋ねて来ました。
「どうぞ続けてください」
私は答えました。
そして専務の小ぶりなモノを口に入れられ、髪の毛を掴まれ頭を前後に動かされました。
下は部長の太い指を入れられ、中を掻き混ぜられるように動かされました。
妻は目をつぶり苦悩の表情を浮かべて涙を流していました。
専務が自分のモノを妻の中に正常位で入れました。

10分ほど経つと
「中に出すよ、それが好きなんでね」
妻は
「お願いします。中には出さないでください」
と懇願し腰を動かし引き抜こうとしましたが、男二人に押さえつけられており、
そのまま出され入口から白い粘りのある液体が出てきました。

続いて部長が長さ無いのですが、太さが桁外れのモノを入れました。
痛そうな表情の妻に構わずガンガン腰を振り、体位もバック、騎乗位と次々変え最後は正常位で
「ウォー!出すぞー!」
と叫ぶと妻は腰を引き、中に出されるのを防ごうとしましたが、腰をがっちりつかまれて動けずそのまま中に。
引き抜かれると大きく開いた入口から大量の白い液体が溢れ出てきました。

妻は後処理をして、服を着て事務所を出ました。
「明日から、仕事頼むな」
と声をかけられた時、涙ぐんでいるのが分かりました。
私は一部始終を見て
「これで人生が変わる」
心の中で叫び、隣の男にニヤリとしました。
しばらくして家に帰ると、妻はベッドで横になっていました。
「具合でも悪いのか?」
と聞くと、
「今日、買い物に出かけてきて、疲れたので」
との返事でした。

次の日、会社を休み尾行することにして、駅で待ちました。
ピンクのミニのワンピースを着た妻を発見し電車に乗り後をつけました。
電車を降り風俗店の入っているビルに入りエレベーターに乗ろうとした時、
「○美。ここで何をしているんだ?」
妻は私の顔を見て驚き、その場に座り込んでしまいました。

そこから芝居のはじまり。
昨日、金融会社から電話が入り返済が滞っているので事務所に呼ばれ事情を聞いた。
朝から金を工面して連絡したら、ここで今日から働くと聞き来たところだ。
妻は泣き崩れてしまい
「ごめんなさい」
の連呼でした。
この金融会社の他に1社借りており、全てを返済し家に帰りました。
借金はホストクラブで使ったもので、私に相談できず、こんなことになったとの事情を聞きだし、
「今後は十分注意してくれ」
と勝ち誇り言ってやりました。
それからは完全に奴隷扱いしています。
関連記事


他にもエッチな体験談や告白を探すなら→FC2ブログランキング(官能小説)
[ 2016/10/31 00:00 ] 寝取らせ | コメント(0) | 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。