人妻のエッチな体験談と告白

人妻や熟女のエッチな体験談や告白を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他にもエッチな体験談や告白を探すなら→FC2ブログランキング(官能小説)
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

いつもより濡れてる・・・旦那しか知らない職場の人妻を寝取りました!

約10年前の話を思い出しながら綴ります。

私は当時31才。結婚2年目で子供はまだいなかった。世間はバブルがはじける直前で、「この好景気は永久に続くのだ」というあり得ない妄想を信じて疑わなかった頃である。

オフィスの机の真向かいに28才で結婚3年目のようこがいた。身長が170センチと女性にしては大柄なのだが、顔は丸っこく笑うと人なつっこい感じになった。仕事の中で交わす会話にもそんな彼女の人柄が表れていた。

彼女と私の距離が接近したきっかけは平成3年の忘年会だった。2次会でお開きになった後、方向が同じだったためタクシーの中でようこと二人きりになることができた。酔った勢いもありようこに言った。

「おいしいイタ飯屋を見つけたんやけど、今度一緒にいかん?」
「え?いきなりですね〜」
と私の顔をのぞき込んで答えた。しかしその表情には拒否の感情は表れてなかった。
(と思いこんだだけかも?)
「イタ飯好きって言ってたやん?他にも誘うから行こうよ」
(他に誘うつもりはさらさらない)
「ん〜・・じゃあ、うちの人も遅い時なら」
「うん。じゃあそう言うことで」

とりあえず誘うことには成功した。

そしてデートの日は意外とすぐにやってきた。忘年会から3日後で旦那が出張なのでその日ならOKとメールが来たのだ。実は私もその日は出張だったのだが、日帰りに変更し、直接、店で待ちあわせることにした。(他のやつを誘わなくてもいいため、かえってそちらの方が好都合だった)

最初、二人きりということに戸惑ったようだったが、おいしいパスタと飲みやすいワインのせいで、彼女の方も段々とうち解けてきた。会話はまずは仕事の話、次に社内の噂話、そして彼女自身の話・・と段々核心に入っていった。

「ところで旦那さんとはどの位のペースなん?」
「月に2〜3回かなぁ」

と、この頃にはかまととぶる事もなく、あっさりと家庭内のことを話した。

「で、どう?旦那さんは上手でしょ?いつも幸せそうな顔してるからそう思うけど」
「え〜〜?そんな顔してる?ん〜・・上手ていうか普通ですよ」
「じゃあ満足してなんだ?」
「満足はしてま〜す。そういうIさんは奥さんとどうなの?」
「うち?うちというか、俺の場合は激しいよ(笑)」
「なになに?どんな風に?」

と笑いながらも話に乗ってきた。

「大きな声では言えないけど」

と彼女の耳に口を寄せて

「まずする前に鑑賞する。そして指でじわじわと・・。言葉でも責めたりするしね」
「・・どんな事言うの?」
「見た目通りのことを言うんだよ。乳首が固くなってきてるとか、パンティに染みが・・とか」
「・・そんなの言われたらはずかしい・・・」
「でしょ。そんなこと言われたことある?」
「・・ない・・で、その後は?」
「ふふん。これ以上は企業秘密(笑)」
「え〜けち〜(笑)」

いくら店内が暗いイタ飯屋とは言っても、この辺が限度である。私たちはイタ飯屋を出てバーに向かった。その店は薄いカーテンのような布で仕切られ、照明もかなり落としてあるので隣の様子がぼんやりとしか分からない怪しい雰囲気のところだった。(注・・カップル喫茶のようなものいかがわしい店ではありません)

店の不思議なムードと強いカクテルのせいで、ようこの目がとろ〜んとしてきた。とりとめのない会話の後、

「ねぇ・・Iさんは浮気したことはある?」

とようこから聞いてきた。

「ない・・・とは言わない」
「ほんとに?誰と?」
「今」
「また〜〜(笑)」
「そういう君は?」
「私、ないですよ」

そのキッパリとした言い方にある思いが頭をよぎった。

「もしかして・・・旦那さんしかしらないとか?」
「・・どきっ」
「そうか〜。だから妄想ばかり先に浮かぶんだぁ」
「なによ〜。妄想って〜。いつそんなこと言いました?(笑)」

と真っ赤な顔で反論してきた。

「言ってないけど、さっきの店での会話でわかるって」
「・・え〜〜・・いやだぁ・・そんなことないって」
「別に恥ずかしい事じゃないよ。人間なら誰でもそうだって」
「・・でも・・うちの人は違うと思う・・」
「そうだね。でも旦那さんは知らないだけかも。君が先にそういう世界があることを知っただけだよ」
「・・・うん・・なら安心するけど。」

心なしか彼女の目がうるんでいた。

「俺だって根っからのスケベだし、今でもオナニーするし」
「そうなの?・・じゃあ一緒だね」

と言ってしまって自分の言葉に気づいたようだった。

「あ、うそうそ。今の冗談ね」
「ふふ。いいよ否定しなくても。誰でもするんだって」
「いやぁ、はずかしいよぉ・・・」

ようことの距離を狭めて耳打ちするようにして聞いた。

「どんなこと想像しながらするの?」
「・・・そんな・・・あの・・・後ろからとか・・私がしゃぶってるところとか・・」
「そう。旦那さんはそんなことしてくれないんだ」
「・・うん。真面目な人なの。私からして欲しいって言ったら軽蔑されると思う」
「そっか。ごく普通のプレイなのにね」
「Iさんにはそれが普通なの?」
「うん。さっき言ったようなことしてるくらいだから」
「あ・・そうでしたね。Iさんていろいろするんだ・・」

その時、店員がいいタイミングでラストオーダーを告げに来た。店を出て帰りのタクシーの中で激しいキスをした。運転手はおかまいなしだった。セーターの上から乳房をまさぐり、スカートの中に手を入れ、ショーツの上から彼女の熱い部分を指でなぞった。ヌルヌルした彼女の興奮がしみ出ているのが上からでもはっきりわかった。

「濡れやすいんだね」

ささやくように言うと

「いつもより濡れてる・・・」

とようこは答えた。

「ここが欲しい」

スカートの中の指がその部分を押した。

「私も・・・これが欲しい」

ズボンの上から固くなったものを握りしめられた。運転手にホテルがあるエリアを告げた。その夜、ようこは旦那以外の男を初めて受け入れた。全てを私の前にさらし、もだえ、快感をむさぼった。私の一物をいとおしそうに口で味わった。

一度目は正常位で、2度目はバックで責めた。ようこが先に頂上に登りつめても、解き放さず、そのまま責め続けた。最後は「もう・・・許して・・・」と泣いていた。全てが終わった後、「これがセックスなのね・・」とつぶやくようにようこは言った。

その日から私とようこの社内不倫が始まった。
関連記事


他にもエッチな体験談や告白を探すなら→FC2ブログランキング(官能小説)
[ 2016/11/18 12:00 ] 寝取り | コメント(0) | 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。